キャバクラにはビジネスでも行くことが多いと思いますが、上司と行くことになった時はいつもと違う過ごし方をしなければなりません。
まず自分が楽しむということは忘れ、上司が気持ちよく過ごせる子世を第一に考えましょう。

まず上司がいろんな女の子と話せるように、キャバ嬢で挟むような形で真ん中の席に座ってもらいます。また上司のグラスやタバコにも気を配り、自分がやるような姿勢を見せるようにしましょう。(実際はキャバ嬢がきちんとやってくれるので、こちらは仮にも形だけやりますという風を見せる)
会話は上司を中心にします。上司にいつもお世話になっていること、いい上司であるというように持ち上げて女の子にも話しましょう。
キャバ嬢にも上司と部下の関係はすぐ分かってもらえますので、きちんと上司が機嫌よくなるような流れにしてくれます。

上司とキャバクラに行く場合は「上司を接待する」くらいの心持ちで行くようにしましょう。