現在キャバクラにハマっているけど、まだ依存症とまではいかないよね・・・?と心配になる方は多いようです。
キャバクラは依存度が高く、実際にキャバクラ依存になってしまって借金を抱えてしまったという方も少なからずいらっしゃいます。
「自分はキャバクラ依存症ではないだろうか」と不安に感じてしまうのも無理はありません。ただ自分で疑問を抱くうちはまだ依存症にはなっていない可能性の方が高いです。
キャバクラ依存症になると、自分が何回キャバクラに行ったかなんていちいち考えないからです。

依存症という明確なラインはありませんが、生活が苦しいのにキャバクラ通いがやめられない、行くつもりはないのに自然と足がキャバクラに向かってしまう、普段からキャバクラのことしか考えられない・・・こういうような状態になっていたらキャバクラ依存症である可能性が高いと言えます。

借金を抱えてまで通い続けたり、会社のお金を横領するなど犯罪行為をしてまで作ったお金で通うようになったり、キャバ嬢のストーカーになってしまったりすると、自力で改善するのは難しいです。
もし本気で改善したい場合は、第三者の力を借りることも必要となってきます。

Previous post コスプレキャバクラとは
Next post 上司とキャバクラに行くことになったとき、気をつけたいこと