キャバクラでは毎回すぐに本指名の子と遊べるというわけではありませんですし、セット中ずっと指名した子がいてくれるとも限りません。
指名したキャバ嬢が人気の子であればあるほど席を外している時間は多くなります。
こうした指名の女の子が席に来れない時、代わりに他の女の子が席についてくれます。そうした女の子を「ヘルプ嬢」と呼びます。

ヘルプ嬢はお仕事に関するタブー行為が多いため、もし相手に何か言ったりお願いしたりして嫌がっているようなら素直に引き下がりましょう。
例えば名刺や連絡先の交換はヘルプの席ではできないことになっています。キャバクラでは連絡先の交換=お客さんを取ろうとしていると考えられるからです。
実際にヘルプ嬢に連絡先の交換をお願いしても何かしら理由をつけられて断られると思います。
また接近し過ぎもタブー行為となっていますので、指名の子のようにベタベタしたりするのは止めてあげましょう。

そしてヘルプ嬢と過ごす時にお客さんが気になるのは、ドリンク問題です。ヘルプの子にもドリンクを入れてあげた方がいいのだろうか、と思われるかもしれませんが、こちらに関しては入れてあげても入れてあげなくても構いません。(本指名の子には必ず入れましょう)
ヘルプの席では女の子からドリンクをおねだりするということはありませんので、ヘルプの子にも入れてあげたいと思ったら自分から伝えましょう。
この時にいれたドリンクも本指名の子の売り上げに入りますから、ヘルプの子にも1杯くらい飲んでもらうと雰囲気的には過ごしやすくなると思います。

Previous post キャバ嬢を惚れさせる方法
Next post コスプレキャバクラとは