「逆セクキャバ」は「セクキャバ」という名前がついているものの、通常のセクキャバとは違って性風俗の営業許可をとっている所が多いです。
そのためセクキャバのようにブースで区切られた空間ではなく、完全な個室で女の子と二人きりになってサービスが受けられます。

サービス内容もより性風俗に近いものとなっています。抜きに関しては有無がお店によって異なるので事前に確認しておきましょう。
そのサービス内容はというと、お客さんがアイマスクをして手を拘束されたトップレスの状態で女の子たちから攻められるというものになります。
SMとは違って攻める際に道具が使われることはありません。女の子たちはお客さんの乳首を舐めたり耳を責めたり、下着の上から下半身のおさわりをしてきたりというようなことをしてきます。
性風俗営業許可を得ているお店なら、直接手や口で最後までサービスしてくれるというお店もあります。

Previous post キャバ嬢から同伴を断られる理由