キャバクラでいつもよりも奮発して高いボトルを頼んだけど少し残ってしまったという場合、もったいないから持ち帰りたいというお客さんもたまにいます。
「自分が注文したものだから持ち帰られるのは当たり前」と考えている人は要注意です。

実はキャバクラでは原則、注文したボトルの持ち帰りは法的にできません。
どういうことかというと、お酒については販売するための免許、提供するための免許があります。そしてキャバクラでは基本的に酒類を提供する免許しか取得していません。
お客さんにボトルを持ち帰らせてしまうと、それは提供ではなく販売と扱われるため、残ってしまった場合はキープボトルとしてお店で保管しておいてもらい、次回以降お店に来たときに飲むなどして消費しなければなりません。

ただし酒類販売業免許も取得しているキャバクラもありますので、そうしたお店では相談すれば持ち帰れる可能性は高いです。

Previous post キャバ嬢が水商売をやめる理由
Next post キャバ嬢とゲームをして楽しもう!