お気に入りのキャバ嬢がお店どころか水商売をやめると知ると、ショックを受ける方もいると思います。
なんで辞めてしまうのかはもちろん人それぞれですが、いくつかパターンは決まっているので、今回はキャバ嬢が水商売をやめる理由をご紹介したいと思います。

結婚する

意外に多いのが、結婚を機に水商売をやめる子です。
付き合っている人がいてキャバ嬢をするという子は多いですが、結婚してからもキャバ嬢を続けるという子はかなり少ないです。

お金が貯まった

キャバ嬢の多くはお金のために働いています。中には自分でサロンを開きたいからその開業資金を稼ぎたい、専門学校に行くために学費を稼ぎたい、会社を作りたいというように、自分の夢を叶えるために働いている子もいます。
そういう子は最初に決めていた金額が貯まるとパッとお店をやめていくのです。

健康的な問題

キャバ嬢をはじめとする水商売は不健康な生活習慣になりがちです。
若いうちは多少の無理をしてもやっていけるかもしれません。しかし若くても体力がない子やある程度の年齢を重ねている子は身体に限界を感じてやめていきます。
またこの業界は精神的に病んでしまう子も多く、心の健康的な問題でも辞める子がいます。

Previous post セクキャバ行くなら、どの時間帯が最適?
Next post ボトルにお酒が残っていたら持ち帰れる?