キャバクラではキャバ嬢に対するセクハラ行為は一切禁止しています。軽いお触りはもちろん、キャバ嬢に卑猥なことを言わせて楽しもうとすることも禁止です。
この話をすると「そうは言っても少しくらいはいいでしょ?」という方がいるのですが、禁止なものは禁止です。厳しいお店だと一発アウトで出禁になってしまうということもあり得ます。
キャバクラは会話とお酒を楽しむところなので、それ以上のサービスを受けたい(お触りをしたい)のなら、セクキャバや風俗を利用するようにしましょう。

キャバクラではお酒を飲むため、酔っ払った人がそれを理由に触る〜なんてこともあります。お客側の言い分としては「酔っていたから仕方ない」なのですが、これでも駄目なものは駄目なのです。
ちょっと手が触れてしまった、程度でやっと大目にみてくれるお店が普通のお店です。中にはお触りしてもキャバ嬢を助けずに見て見ぬ振りするなんてお店もありますが、こうしたお店は普通以下のお店です。キャバ嬢にもそのような態度なのでお客さんに対しての接客も適当となっているでしょう。

もしお触りをしてしまったらどうなるかと言うと、まずはお店の男性スタッフから注意を受けます。初犯なら大体注意だけで許してくれますが、厳しいお店なら一発で出禁です。
また出禁は逃れられても次回以降確実にマーク対象になります。その状態でまたお触りを繰り返す場合は出禁となります。

お触りは例えちょっと手が触れてしまった程度でもルール違反です。注意されたり出禁にされて当然の行為ということを頭に入れておきましょう。
よく「このドレスの装飾きれいだね〜」なんて言いつつドレスを見る振りして触ってくる人もいますが、これもキャバ嬢にはお触りする口実だとバレてします。
基本的にキャバ嬢もスルーしてくれますが、嫌な客認定されていたり、要注意人物に認定されていますよ。

Previous post キャバクラ、セクキャバで入店拒否される人
Next post キャバクラをネットで探すメリットとは?